スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の病気




バタバタとした毎日が続きましたが、
ようやく少し落ち着きました。
今朝はいつもは見えない遠くの山々が(群馬の方かな)雪化粧のおかげで
よく見えます。今日も寒いですね~!


父はバイパス手術から順調に回復し、年末年始は自宅で、ということで
12月27日に退院しました。
胃と腸をつなげる細工のために胃が小さくなったので、
先生からは「おそらく今までの三分の一くらいの量しか食べられないと思います」と
言われていたのに、家では昔の平常時にほぼ匹敵するような量を食べ、
けろっとしています^^。

年末年始、できるだけリラックスさせて、
好きなものやおいしいものをたくさん食べさせてあげなくっちゃ。
1月5日には再入院となるのだから...。

そう。実は父の胃・十二指腸潰瘍の大元とされる深刻な病気の存在が明らかに
なってしまいました。

病名は「悪性リンパ腫」。
大きな固まりが腸にくっついていて、それはいわゆる大腸がんとか胃がんといった
固形がんとは異なり、血液のなかのリンパ球が悪性化してできた瘤なのだとか。

腫れたリンパ節の一部を取って病理検査をし、はじめてその正体がわかるという病気で、
多くは首の下やわきの下のリンパ節の腫れでわかるらしいが、
父のように見えないところに固まりを作る場合もあり、
すぐに発見できずに手遅れになる場合も往々にしてあるらしい。

父の今後の治療としては、化学治療にてそれを小さくしてゆくこと。

はじめてその病名を聞かされた時は目の前が真っ暗になりました。
でも、調べてみればみるほど、
ここ10年くらいでその治療成績は目を見張るほどよくなっていることがわかってきました。
母のような難病とちがい、けっこうポピュラーな病気なので研究も進んでいるのでしょう。


父は、意外とすなおに現実を受け止めており、
私の心配をよそに、病気と闘う気持ちを示してくれています
とてもありがたいことです。
基本的に心も体もタフな人なので、
おそらく厳しい治療をもなんとか乗り越えてくれると思います。



きっと来年の今頃は「治療、お疲れさんだったね」と父に言っていることでしょう。
それまで、そばにいてしっかりとサポートしてあげることが私の来年の目標となりました。
あと、バイオリン上達もね

だいじょうぶ、だいじょうぶ。
なあに、なんとかなるさ。ね、マロリン。

皆さん、よいお年をお迎えください。

11123001.jpg











スポンサーサイト

父、明日(12月14日)手術


空気が乾燥している最近は富士山がきれいに見えます




最後の更新からまたまた1ヶ月が経過してしまいました。

結論から書きますと、父の手術がようやくようやく明日(12月14日)行われます。

11121304.jpg

おじいちゃん、あしたは待ちに待ったチュジュツでしゅ



あれからなかなか手術日が決まらず、
父は1ヶ月以上にわたる禁食状態で心も超ネガティブになり、
一時期は、例によって「こんなに待たせる病院はだめだ、別の病院で手術してもらおう」
という転院願望がまた出て(11月末頃)、私もあわてたり落ち込んだりしました。

でも、元来、父は納得がいけばけろっと機嫌がなおる人間。
主治医の先生にお願いをして毎日の回診とは別に時間をとっていただき、
私も同席の長時間にわたるインフォームドコンセントを行っていただきました(1時間にも及ぶ説明でした)。
どんな作業が進行中かとか、手術日を決めるのになぜにこんなに長くかかっているのかとか、病状に関する報告もことこまかに説明してくれました。

その説明が功を奏し、
それ以来、父は安心し、見違えるように落ち着いてくれています。
コミュニケーションって本当に大切ですね。

先が見えないことが、患者にとって何よりも不安であることを
この病院はちゃんと心得ていて適切に対処しています。ほっとしました。

手術日がなかなか決まらなかった原因を簡単にいうと、
手術の具体的な方法に関する議論が消化器内科と外科の先生方の間で
綿密に重ねられ、万全な対策と準備に時間が要してきたから。
父が思うような病院の怠慢や人員不足、
あるいは後回しにされているということではなかったのです。

父の胃・十二指腸潰瘍は普通の潰瘍とちがって
かなりやっかいなタイプで、
広範囲である上に微妙な位置にあるため、
ガバッと切除すれば正常な消化活動に必要不可欠な分泌液を出す腺まで失いかねないそうです。

それに、切る部分が大きければ大きいほど高齢の父の体に対する負担がまちがいなく大きくなるので
他の選択肢が選べるならそちらを優先するという方向でいくようです。
ただ、最終的な判断は、やはり開腹手術の際に決定するので、
すい臓がん並みの大きな手術になる可能性もまったくないわけではないとのこと。

不安がないといえばうそになるけれど、
ま、だいじょうぶ、だいじょうぶ。。
いまや超前向きな本人は、術後1週間で退院するつもりでいるし....^^;

術後1週間での退院はちょっときびしいかもしれないけど、
年内には自宅に戻れるかも。そうなるといいんだけどね。
何よりも、一刻も早く、口から食物が摂れるようになるといいなあと思っています。



前回の記事から約1ヶ月。
マロリン、またチュチュさんで
キレイキレイにしてもらいました。
11121303.jpg


今日のおリボンはピンクのボンボンのようなおリボンで、
まるで中国のかわいい踊り子ちゃんみたいなイメージ

11121302.jpg

チュチュさんありがとう、今年も大変お世話になりました。
来年もよろしくね~♪



父、その後


みせばやがこんなかわいい花を咲かせました♪



最後の更新(10/26)からだいぶ時間が経過してしまいました。
ざっとどんなことがあったかを振り返りますと... .

以前に勝手に退院した病院(S病院)に下血騒動で再入院したのは10月24日。
下血は問題なく治まったものの、潰瘍が以前にも増して悪くなっていることが判明。
今度こそしっかりと腰を据えて1ヶ月ほど点滴治療で回復に向かう...はずでした。

そう、またもや2週間の壁は越えられなかったのです。

絶食しながらの治療のため、食べていないイライラと
なかなか結果の出ない治療、院長との不和、
やたらと不要な検査を追加してお金を巻き上げようとする病院の姿勢に対する不信感が
また爆発してしまいました。。


再入院から11日めの朝いちばんで
「なかなか良くならないので転院を考えてる旨主治医に話したら、どうぞどうぞと言われたから退院するよ」
と声をはずませて電話がありました。
ガガーン、またかい、と思いました。
そもそも最初の段階でこの病院に行くことに決めたこともなんの相談もなく
父が独断で決めたのに...ったく。

でも、結果が出ていないのは確かだし、ストレスいっぱいの父をこのままこの病院に居させるのももう限界だな、とも思いました。
ただ、そのまま退院していったん家に戻ってから新たな病院を探すとなると、
その間、食事を摂ることになり、いくらおかゆ食とはいえ、胃酸が出てしまうので
今までの絶食治療が水の泡になってしまう。

そこで、次の転院先が見つかるまで頼みますからもう少し辛抱してください、
と父をなんとか説き伏せ、
胃腸病に強く、入院ができて最先端の治療が臨める病院を大急ぎでリサーチし、
入院状態のまま、外出許可を得て診療情報提供書を携え、その転院候補の病院に診察してもらいました。
そして転院することに決定。
後日、入院の個室が決まったとの連絡を受け、晴れてS病院から直接K病院に入院。(11/9)

新たな環境、医師たち...今度こそ落ち着いて治療を受けてくれるといいなあ。

入院してから数日、いろいろな検査の結果、父の胃・十二指腸潰瘍はガッツリできてしまっている上に難治性であるため、もはや薬では好転が期待できないことが結論づけられました。
普通の潰瘍なら薬で2,3週間で回復するそうですが、
ずいぶんこじらせてしまったみたい。

なので、手術ということになりました。

年齢が年齢(84歳)なだけに、手術に耐えられるだけの体力があるかとか、
術後の回復はだいじょうぶだろうか、など不安もいっぱいですが
それで治るなら、先生たちの判断力や技術を信じて、やってもらうしかありません。

今週中に具体的な日程だとか、どんな内容の手術になるのかが決定しそうです。

今までの病院では潰瘍そのものを治すには点滴療法しか手だてがないように言われていたので
やっぱり病院によってずいぶん違うんだなあということを感じました。

当の父も、手術で治るなら早くやってもらいたいという気持ちが強く、
かなり前向きです。医師に対する信頼感、期待感も日に日に増しているよう。
でも、看護士さんたちに対してはもうすでに「ナースコール押してるのになぜもっと早く来ない」とか文句を言った模様。
相変わらずハラハラさせられます。

ま、とにかく...どうかどうかすべてが良い方向に向かうよう祈るばかりです。。

さて、このところ留守番が多いマロ姫。
今日はトリミングでまたきれいにしてもらいました。
チュチュさんでいつも手づくりケーキをいただくのですが
今日は手作りササミジャーキー(ジャーキー作成マシンで作ったそうです)をいただきました♪
マロリンの喰いっぷりの良さをプチ動画にしましたのでご覧ください^^




10111503.jpg
食後はお昼寝タイムに突入~







下血事件


今朝のそら



またもや事件です。

先日の朝、いつものようにマロ姫の散歩に行こうとしていた時、電話が鳴り、父でした。
なんだかいつもとちがう不安そうな声ですぐに来てくれ、という。(父は1階上に住んでいる)

こりゃただごとではないな、と思い、ドキドキしながら父のところへ行くと

「出血した」
「えっ、どこから?」
「下から...」

げ、下血 !?
ありゃりゃ...とうとう炎症が大腸あたりまで進行してしまったかということがまず頭に浮かんだ。

ところが詳しく話を聞いてみるとどうもきっかけは「浣腸」のようでした。(お食事前の方はスルーしてね)
前の晩に便秘でどうにもこうにもすっきりしないので、
老人会の友人が病院で処方してもらった浣腸を分けてもらい、
痛いのをガマンして使ったというのだ...。オイオイ。。
なによそれ、薬とかそういう物は勝手に人からもらって使っちゃだめでしょ、というと
浣腸は薬じゃないんだから関係ない、の一点張り。
それに、本人は原因が浣腸だとは思っていないご様子。

そんなことで言い争っていてもしかたないので
出血、下痢、お腹の痛みもあってフラフラしている父を連れて急いでタクシーをつかまえ、かかりつけの病院へ。前回、入院して勝手に退院したあの病院です。
すぐに院長先生に診てもらったが、下血の原因を探るにも便がジャマして
よくわからない。...ということでまた検査のために入院することとなりました。

入院2日目になって出血は止まった模様。
病院側は、CTだのレントゲンだの、悪い病気が潜んでないか検査を繰り返してはいるが
肝心の診断結果はまだ出ていない。
でもとりあえずは下痢も出血も止まったようなので、
本人はもちろん私も一応はほっとしており、
おそらく浣腸で腸の粘膜をつついて傷つけてしまったのが原因だろうと私たちはいい方に勝手に結論を出している。

今日で入院3日め。
今朝また胃カメラ検査をし、その後点滴が違う物に変更されたという。
ということは、胃カメラで何かがわかってその結果の点滴でしょう。
まだ医師からはどういう診断か聞かされていないが、近いうちにわかるにちがいない。

便秘の方は徐々に快方に向かっているようで
父も安堵し、声にだいぶハリが戻ってきた。

どうか今回は腰を据え、潰瘍など、胃腸のいろいろなトラブルがある程度良くなってから
退院してほしい。
老人会の連中がまたよけいなことを言い、また父が「帰る!」てなことに
ならないよう、今回は入院のことを伏せておくことにしました。。

11102602.jpg

じいちゃんがんばれ♡






くすり事件

11102103.jpg


昨夜、ヒヤッとするような事件がありました。

いつものように私たちが夕食をしている間中、マロリンは父のとなりのイスにすわって見ていました。
彼女はそこでときどき父におねだりをして、そのたびに父はマロリンに、用意してあるたまごボーロをあげるのが日課です。
あまりいい習慣ではないけれど、父の楽しみでもあるので私は黙認し続けています。

そんななか、夕食の後のことです。
逆流性食道炎がまだ完治しない父は、いつものように薬をのむために棚から出し、
手に持っていました。
机の上にはマロのおやつのたまごボーロがいくつかのっています。

どんな話をしていたかは覚えていないけれど、父はきっと私の話に気を取られてしまったのでしょう。
何を勘違いしたのか、手に持っていた薬(錠剤)を2つ、マロにあげてしまったのです。
頭のなかではきっとボーロをあげているつもりだったんだと思います。

さいわい、すぐに父はまちがいに気づいてマロの口に入ってしまった薬を必死に取ろうとし始めたので、私もすぐに何が起きたか察知しました。
父がマロの口に指を入れようとするものだからマロリンも必死に抵抗、珍しく唸っています。

何が何でも出さなくてはいけないので急いで父をどかし、
マロの口をこじ開けて無事にくすりを出すことに成功しました。間一髪でした。
人間用の食道炎の強い薬、それも二種類だったので、万が一飲んでしまったらどうなるか
わかりません。
思わず父に「死んじゃうでしょ!!」と声を上げてしまいました。

まちがいだってわかっていたのですが、どうしても愛するマロリンのこととなると
頭に血がのぼってしまいます。反省...。
とにかく無事だったんだからもう忘れよう。


さて、そのマロリンについてですが、
つい先日、大発見をしました。
今頃?って思われるかもしれませんが、マロリンの後肢の肉球が
おもしろい形をしているのです。
11102101.jpgnikukyuu


ほら。わかるかしら。いちばん上の肉球がつながって♡になっているんです。
みんなのワンコもそうなっているのかしら。それともマロリンだけ?
おもしろいことに、うしろ足だけなのです。

みんなもチェックしてみてね。
東京の明日は雨になりそう。気温も下がりそうですので
風邪引かないようにしましょうね


プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。