スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月曜日に転院予定!

かわゆし顔

ああ、何度見てもこの顔には癒される。。

さて、母のその後の様子を報告するとしよう。

相変わらず驚異的な生命力を維持し、安定した状態が続いている。
なんと、昨日は入院以来初めてシャワー浴をしてもらってかなりさっぱりした様子で横たわっていた。

そんななか、わたしと父は転院先候補の療養型病院へ行ってきた。

この病院は、母が先日の2度目の舌根沈下を起こす直前に私が転院先をネットで探してたどりついたところ。
舌根沈下がなければスムーズに転院手続きが進むはずだったのだが、一大事が起きて転院どころではなくなったのだ。

今の病院よりはずっと古いため、なんだか一瞬タイムスリップして、「ここ昭和?」と思うほど建物、設備などがはっきりいえば古くさくてイメージがあまりよろしくない。

でもわたしは入院患者のQOLを大事にしてくれるという点に惹かれた。

父は、一大事を乗り越え、再び落ち着いた母を前にしてここ2、3日前から急に今すぐにでも母を転院させたいと焦りはじめた。
これには少々とまどいを感じずにはいられなかった。
なぜなら、落ち着いたとはいえ、まだまだ予断を許さない状況だからだ。
せっかく落ち着いているのに、寝た子を起こして万が一急急変を招くようなことがあったらという不安がわたしを神経質にしていた。

11月半ばくらいまでは今の病院にいることが可能なのだから、様子をみて流れにまかせるのがいいように感じていたから。
父の場合は、11月半ば以降も母が生きながらえることができたら、その後の行き先について途方に暮れるのが大きな不安としてのしかかっていたのだろう。
受け入れ先のベッドが空いている今、母の容態が安定している今、転院させたいと強く望んだ。

よく話し合い、時には父子バトルにまで発展することもあったが、最終的には父の要望に合わせることにした。
父の気持ちを尊重し、一か八か月曜日に転院させることになった。

寝台タクシーも手配し、入退院の書類も用意できた。
あとは母の運を天に任せて行くっきゃない。


どうか転院が無事にいきますように。。。









スポンサーサイト

母の負けん気

もの思うマロ


上の写真は2日前のトリミング後に撮ったもの。
顔まわりの毛をさっぱりとカットしてもらい、赤いおリボンまでつけてもらって(見た目は)かわいいおしゃまさんになった。

リボンは一応毎回つけてもらってはいるが、なでなでチュッチュするときにジャマなので次の日には取ってしまう。
ああ、それにしても我が子ながらなんてクァワイイんでしょう。。。
ふと見せる感慨深げな表情にも育ちの良さが表われているわん、なんちゃって。

あっ、し、しまった。。写真をよく見ると、オレンジのクッションに姫のよだれが..。
写真を撮る前に隠せばよかった。。



さて、母のその後の様子ー

おかげさまで呼吸状態はなんと、日を追うごとに良くなって周りを非常に驚かせている。

先生は当初胃ろうの手術や転院はおろか、酸素マスクをはずすことももうおそらく無理ですと断言していたのだが、母はその2日後にあっさりと見立てを裏切り、酸素マスクははずされた。
残念ながら気管チューブをはずすことはまちがいなく無理なので胃ろうに関してはあきらめざるをえない。
でも、このまま急変せずに経管栄養が受けられるほど回復すれば、転院の可能性も出てくる。

それにしても我が母ながらすごいがんばりである。
昔から負けん気の強い母だったから、きっと病いにあっさりとからだを持って行かれてたまるもんか、と魂が叫んでいるのだろう。
そういえば、発病当時、病気のせいでよく転倒していた母は自分に対し、「情けない、情けない、なんで自分のからだが言うこときかないんだ!」って言ってたっけ。

静かに横たわっているように見えても、きっと内部で母の魂はからだを完全に乗っ取ろうとする病魔と壮絶なバトルを繰り広げているのだろう。

母のバトルは今日も、きっと明日もつづく。

満月の夜、少し心おだやか

またまた更新が滞ってしまった。
親愛なるブログ友だちに申し訳ない。

が、母が2度めの舌根沈下を起こし、3度目の危機的状況が起きていたのだ。
一回目の舌根沈下と同様に喉に気管チユーブが挿入され、小康状態で外されていた酸素マスクがまたフル稼働。
前回同様、先生から状況の厳しさを伝えられ、またもや電話の鳴る音が恐怖となった。

ところが、なんとまたもや母はがんばってくれた。

一夜明けるごとに呼吸の状態が良くなってきている。
相変わらす意識は混濁し、酸素マスクもはずせないが、苦しんでいる様子もない。

少しほっとした。
今日は心おだやかに満月を楽しめそうだわん。

クッキー






2回めの危機を脱出

へそてん


ブログ更新を少しさぼりましたー。
ご心配いただいている方がおられるといけないので先に書きますが、母は今日も容態が安定しており、おだやかに眠っていました。


でも、実はまたまた危機が訪れていたのです。
ソーシャルワーカーさんに相談した翌日、母は心不全を起こして肺に水がたまり、手足がパンパンにむくんでしまった。
こりゃあ、転院どころではない。この危機を乗り越えられるかどうかもわからなかった。

が、前日にレントゲンと血液検査を受けたので早く気づいてくれたのが不幸中のさいわい。
応急手当をし、利尿剤で尿を出すように治療したおかげで今日もビックリするくらいたくさんオシッコが出てからだのむくみがだいぶ取れた。

せっかく外れていた酸素のチューブがまた鼻に入れられたが、そのおかげで血中酸素濃度も安定した。

母は2回めの危機をもこうして乗り越えた。
なんて強いんだろう!

この母のDNAを受け継いでいるわたしもきっと生命力が強いにちがいない。

フ~、それにしてもこの2,3日は電話の音にいちいちビクビクしどおしだった。

でも、もうだいじょうぶだろう。
今日、となりの個室の患者さんのモニターは警報が鳴りっぱなしだったが、母のは非常に静かだった。

さて、マロ姫のあんよの方はどうかというと、一週間ぶりに先生に診てもらったらひざの脱臼症は経過観察でだいじょうぶだが、やはり右の股関節が赤信号だという。

歳をとってから手術するより若い時にしておいた方がいいのかなあ。
また一週間後に先生に診てもらうからその時にもう少し先生と話をして考えてみよう。










ソーシャルワーカーさんに相談

セイラちゃん

マロのお友だちのセイラちゃん。
ふたりの性格をスイーツにたとえるなら、マロはじゃじゃ馬だからチョコフレーク、セイラちゃんはやさしい色のかわいいラムネ。

ひそひそ話

「ねえねえ、『今日のわんこ』見た? あたしたちの方がよっぽどおりこうよね~」
なーんて言ってるのかな。
それとも、ルイ君のうわさでもしてるのかな。

なかよし

いつまでも仲良しでいましょうね。うん、いいとも!



さて、昨日は母の件で予定どおりソーシャルワーカーさんと話ができた。

先生が胃ろうの手術に踏み切ろうが踏み切れなかろうが、このままずっと今の病院に入院させておくことはできない。
母にあたたかみのないところで最期を迎えさせるのはあまりにもしのびないので、転院する方向で検討することにした。
が、転院するにしても医師からの診断書だか、紹介状だかが必要なので、とにかく現時点で、医師がどう考えているのか、確認しなければならない。
変な話だが、家族が医師と最後に話ができてからずいぶん時間が経っているので、今後の方針が不明なのだ。

そこで、ソーシャルワーカーさんの方で医師の判断を聞き、どの病院に転院させるのが望ましいかとか、家族の希望などを総合的に考えた上で仲介のお手伝いをしていただけることとなった。

私の方でもネットで調べていくつかの候補の病院を見つけたが、中にはもう長期療養型病床を廃止した病院もあって(ホームページや情報が更新されていないのでわからなかった)、やはり詳しくご存知のアドバイザーに直接相談するのは大変重要なことだと感じた。
しろうとでは、わからないこともたくさんあるから。

少し地に足がついたと感じたのか、父もだいぶ気分的に落ち着いたようだ。
昨日の晩ご飯は愚痴を聞かずに済んだ。(なんちゃって。。父よ許せ)



プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。