スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レントゲンフィルムが送られてきた


あ~寒い。3月ももうすぐ終わるというのになんて寒いんでしょう。
昨日なんかみぞれっぽい雨で、ふるえあがってしまいました。

マロリンもお散歩行けないし、
私も仕事がせっぱつまってるしでほとんど家にこもってずっとパソコンの前。
エコノミークラス症候群になったら大変なので
水分補給とストレッチはちゃんとしましたよ。

今日も朝から雨。
寒いのでマロリンはベッドから出てきません。
私の方は今日は雨でもでかけます。

さて、先日、サンターアンターギ、いや、アンターサンタギ、あれれ、
サンダーアンタギーかな... 名前がわからなくなりました。
とにかく、沖縄の揚げ菓子をはじめて買っていただきました。

30502.jpg


駅の構内で売られていて、お腹が空いていたこともあり、目に飛び込んできて
ほぼ衝動買い状態で購入。
販売していたおじさんが言うには、NHKの「ちゅら」さんに登場して以来、
人気のお菓子だとか。
甘党の人ははちみつをかけて食べるんですってね。
家に帰って一つ食べてみました。
かためのカステラを油で揚げたお菓子ですね。
一つで十分でした。どちらかというとドーナッツの方が好きです^^。
残った2つはじいちゃんにあげました。

このお菓子の形で思い出しましたが、
先日、「くちびる騒動」の時に撮った脳のMRIのレントゲン写真が病院から
送られてきてびっくりしました。
頼んだ覚えもないのに。。
45cm四方のオレンジ色の封筒にレントゲン写真が15枚ほど入っています。

30503.jpg


脳みそのグニャグニャや神経があるのはわかるけど、
どこがどうなっていればすごくいい脳だとか、悪いというのはさっぱりわかりません。ひだが多ければ多いほどいいというのはどこかで聞いたことがあるけれど、そんな程度です。
これが病院から送付されてきたということは、将来、万が一ふたたび脳のMRIを撮ってもらう機会があったら、比較するために各自で保管しておきなさいよ、ということなのかしら。
それとも昨今のシステムでそういう取り決めになっているのかな。
送付状も特についてなかったのでわかりません。

どこへ置いてもはみだすほどのサイズなので、しまう場所も悩んじゃう。。
どこにしまおうかな...、ね、マロリン。

32504.jpg


アタチに聞かれてもわかんないわ




スポンサーサイト

吉祥寺ぶらぶら



今日はあたたかな一日でした。
でも、風が少し強かったですね。
春一番かしら...。

眠そうなマロリンを置いて、今日は幼なじみとその娘のCHちゃんと吉祥寺をぶらぶらしました。
CHちゃんはきのう、中学の卒業式を終えたばかり。
泣いた?って聞いたら「ぜーんぜん!」って答えが返ってきた。
最近の子たちはサバサバしたもんだ。。

パルコで雑貨を見たり、お洋服をショッピングしたあと、
井の頭公園近くのLobros Cafeでランチ。 
エッグズベネディクトがおいしかったわ~。

そのあと公園におりて川沿いにお散歩。
今日は土曜日なので、たくさんの地元のアーチストさんたちがお店を広げてました。
そのなかのあるお店で
こーんなかわいい手作りハリネズミストラップを発見。

RIMG0028.jpg  RIMG0029.jpg

見ようによったらかわいい「ウリ坊」にも見えますね^^ 。
右の写真は裏側。手足がかわいいでしょ?
一つ一つていねいに手描きなので同じものは他にないそう。
ほかにはかわいいマトリョーシカとか猫ちゃんなど、思わず全部買いたくなるほどかわいかったです。


楽しかった吉祥寺ブラブラを終えて帰宅後、おりこうにお留守番していたうちの「ウリ坊」じゃない...マロリンをお散歩に。
10031802.jpg

アタチ「ウリ坊」じゃないよ



10031803.jpg


10031804.jpg


晴れた日のお散歩は本当に気持ちがいいですね~
でもどうやらお天気下り坂のようです。
今度お日様に会えるのはいつかな~。。












テーマ : シーズー   ジャンル : ペット

マロリンひと足早く春の髪飾り



今回の「くちびる騒動」では、大変お騒がせして申し訳ありませんでした。

病院で結果を知らされ、ほっとしたせいか...
3日後に鏡を見たらなんと、痙攣がストップしていました
本当に人体って不思議なものですね。
心の状態いかんで症状が出たり止まったり。。

ともあれ、これで本当に 一件落着です。
大変ご心配をおかけしました~。

そんなこんなで、いつのまにかマロリンのカットの時期が来ましたのでチュチュさんへ ♪

マロ、2,3日前あたりから目ヤニや涙が多く出ています。
犬も花粉症になるのかしら。

10031602.jpg


キャッ、かわいい♡
おリボンがキュートな角に見えまする。
鬼っ子マロリンだわん。

チュチュさんのおリボンは毎回とっても素敵で
いつも季節感あふれるものをつけてくださるのです。
今回のテーマは「桜」ですね。すてき!
春ですね♡

10031603.jpg


後頭部からのスナップはこんな感じ。
姿だけ見るとお嬢様~。性格はハッキリいって「おっさん」です

10031604.jpg


オゾンシャワーを浴びて
今日もめちゃめちゃいい香りで帰ってきたマロリン。
おなじみチュチュさん自家製のおやつをいただいて
ご満悦です。

10031601.jpg


チュチュさんありがとうございました ♪










テーマ : シーズー   ジャンル : ペット

くちびる痙攣に出た診断結果



脳のMRI画像を撮って1週間が経過。

大学病院で診断結果を聞く日がやってきました。
周りの友人の励ましや元気づけのおかげで、私の不安もだいぶ和らいではいましたが、
さすがに待合室まで来ると不安が一気に戻ってきてしまいました。

その証拠に脈を測ったら、なんと90!。どこまで気が小さいのよ私。。

で、名前を呼ばれて診察室へ。

30代~40代くらいの頭良さそうなイケメンの先生でした。
でもポーカーフェイスのため、表情からは吉なのか凶なのか何も読み取れません

まず、症状について詳しく聞かれました。
くちびるの症状のほか、食べる時に口の両端からだらだらとこばれはしませんか、とか。
さいわい、私にはそのような症状はありません。

そのあと簡単な身体能力テスト。
グーパーしたり、目の動きの確認、
両手の人差し指だけ立てて右左の指先を3mmくらいの間隔をあけてつきあわせたり、
ガギグゲゴ、バビブベボ、と速く言ったり
目をつむって両腕を前に伸ばしたり...
その他いろいろ...。

そのつどイケメン先生は無言でカルテにこまめに何かを書き込んでいらっしゃる。

MRIの結果が出ているのに、なぜそれを先におしえてくれないのかしら...
やはり何か問題があったのかしら... と不安がさらにつのるばかり。

でも、横から先生の顔色を伺う私に
そのあと告げられたことは、私が心から待ち望んでいたこたえでした

画像からは脳内に異常等はいっさい見られず、パーキンソン病もアルツハイマー病も
はたまた進行性核上性麻痺(母の病気)の可能性もない。
今回のくちびるの痙攣は
おそらくくちびるの筋肉に信号を伝える神経になんらかの不具合が生じて
起きてしまった「軽い顔面痙攣」でしょう、とのこと。

原因はやはりストレス。

自分ではだいじょうぶと思っていても、体が正直にSOSを出していたようです。
昔から弱いのよね、ストレスってやつに。
性分だからしかたないんですけどね。

10031302.jpg




でもよかったあ~♡
ほっとして涙が出そうになりました。

健康って本当にかけがえのないものです。
今回のできごとをきっかけに、ますます健康食品にのめりこみそうな
予感のするマロリンママなのでした~♪

ごきげんなマロリンママは、今回の件をまーったく知らないじいちゃんに(心配するといけないと思って何も言わなかった)好物のイカめしを作ってあげましたとさ。。

10031101.jpg



チャン、チャン♪



不穏な一週間


アタチ、すっごく心配しまちた


だいぶ更新をさぼってしまいました。
心配ごとがあって何もする気がしなかったのです。

それは、顔の一部に起きた異変のせいです 

3月に入ってまもないある日、某大学病院へ行きました。

異変...
病院へ行く1週間くらい前から下唇の右側が四六時中勝手にぴくぴくと痙攣するようになっていたのです。
脳の病気ではないかととても不安になり、いてもたってもいられなくて病院に駆け込んだというわけ。

低周波治療器で筋肉がピクピクするような感じ、と言ったらいいかしら。
自覚症状はほとんどないのですが、鏡で自分の口元を見ると
確かに脈より速くずーっとピクついているのです。
ギューっと口をすぼめたあと唇をリラックスすると一時的に
ぴくつきがなくなりますが、20,30秒後くらいにまた一定のリズムでぴくつく。
まるで下唇に変な脈動が突然現れたよう。
他には、慢性の頭痛以外なんの症状もありません。
母が脳の変移性神経症候群をわずらっていたことや、
自分に慢性的に頭痛が頻繁にあり、そのたびに強い頭痛薬をかれこれ7,8年間のみ続けていることもあるので
とっても心配になりました。
パーキンソン、アルツハイマー、脳腫瘍...脳の病気を挙げればキリがありません。

10031102.jpg




で、まずは脳のMRIを撮ることに。
からだを長い筒のような機械に横たえます。
20分間、さほど大きくないトンネルの中で身動きは禁止。
目をつむって寝ていてもよいと言われます。
何かあったら押すように、とブザーを手に握らされました。

これは閉所恐怖症の人には耐えられない状況だろうなあ、と思っていると
ヘッドホンを渡され、頭にかけるとここちよいヒーリングミュージックが
流れて来ました。
ところが、脳の撮影スタートになると、そのここちよい音楽を
かき消すような、すざましく不快な音が次々と聞こえて来る。

それもはタイプは一つではなく、ブーブー、グワングワン、ガーンガーン
ピーポーピーポー、キーンといった不快音の嵐。。
世界各国の救急車が一堂に会したような感じ。
それが20分間も。
一つの音に耳が慣れて少し気分的にリラックスしかけるとガーンガーンとまったくちがうタイプの音が耳に入るから思わずガバッと起き上がりそうになることがたびたびありました。
マロリンのすやすやと眠るイメージを懸命に頭に思い浮かべて
じっとガマンの20分間。気が狂いそうでした。

途中、大声で叫んで助けを呼びたい衝動に駆られることが数回ありましたが
とりあえずなんとか事無く終了。。

結果は1週間後にわかるということで
不安で生きた心地のしない1週間が始まったのでありました。


10031103.jpg


つづきはまた。。
プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。