スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからは...

11032901.jpg

ふう~っ。今日、ドラッグストアの前を通ったら
トイレットペーパーがけっこう山積みになっていたので
ひとつゲット。たぶんもうあの買い占め騒動のようなことはないだろうけれど、
一応見つけた時に買わないとね。
紙類はもう落ち着くだろうけど、
これからはペットボトル入りの水がお店からどんどん消えるでしょう。
我が家では、今までどおり普通に水道水をお料理で使っているし、
マロリンの飲用水も水道の浄水されたお水を今までと変わらず飲ませている。
赤ちゃんに飲ませるのを控えた方がいいなら、小さいワンコもたぶん飲まないにこしたことはないんでしょうね...

11032902.jpg
ドキッ、そうなの?



ジムの知り合いのなかには、ごはんを炊く時のお水はペットボトルのお茶を使っているの、
という人がいて、それも意外とおいしそうかも、と変なところで感心したけど、
そのくらい神経を使った方がいいのかなあ、とあとでしみじみと考えてしまった。

これからは、生活がいろいろな点で以前とはちがうものになるでしょう。
私たちは少し便利な世の中に慣れすぎてしまっているので、
原点に戻って気を引き締めてがんばらなきゃいけませんね。


私たち国民に必要なのは、気力、体力、想像力、忍耐、そして生きる知恵なのでは
ないでしょうか。がんばろう日本。

スポンサーサイト


こういう大変なことがあると、
あたりまえの生活や笑顔が実はあたりまえではなく、
とってもありがたく幸せだということに気づかされます。

普通の生活を送ることができる人は
毎日に感謝しなくちゃ。

そしていま自分にできることはなんだろうと考えなくちゃね。
小さいことでもいいと思う。
みんなの「小さいこと」が集まれば大きなパワーになる。
協力できることがあれば協力しましょう。

惨状が目に入るたびに心が沈むし、
明日の日本のことも不安になるけれど、
まずは深呼吸をして、
「何ができない」、よりも「何ができるか」を実行したいですね。

東日本大震災の日...

2011年3月11日。
日本は未曾有の大災害に見舞われてしまいました。

のどかだったであろう日本の美しい漁村や平和で静かだった集落が
一瞬にして津波に飲み込まれてしまうなんて誰が予想したことでしょう。

本当に岩手県や宮城県をはじめ、被災された東北地方の皆さんのお気持ちを
考えると胸がはりさけそうです。
テレビの画面に映し出される映像は、現実のものとは思えないような光景。
現在もなお関東地方でも余震が続いているので
最新情報に気を配るためにテレビの特別番組を続けて見ていますが、
悲痛な叫びをあげる東北地方の様子が痛々しくて
ときどき見ていられなくなります。

11日を境に東日本はすっかり変わってしまいました。

東京でも地震の影響で
九段会館の天井落下やコストコの駐車場への通路の一部崩落で
残念なことにお亡くなりになった方がいらっしゃったり、
鉄道の全線運転見合わせにより、大勢の方がたが大変な目に遭われました。


当日、あの恐怖の時がやってきたとき、私は家でパソコンに向かっていました。
でも、今になって思うと私の恐怖なんてまったくもって大したことはありません。

一応どんな状況だったかというと...
マンションの13階にある我が家では、
小さな揺れがしだいにユッサユッサに変わり、
しまいに立っていられないくらいに揺れました。
棚からいろいろな小物が落下して割れたり、
ベランダや玄関先においてある植木鉢がみんな倒れたり、
テレビが台ごと、ベッドも10cmほど動くなど、
当然いまだ経験したことのない恐怖でした。

怖くて足ががくがくしながらも、
とにかくマロリンを抱えて薄暗いトイレに逃げ込み、
うずくまって、
「早く収まりますように、早く収まりますように... 」と
マロリンを強く抱きしめてなんども祈っていました。
こういう状況のとき、トイレはまわりの怖い音をある程度遮断するし、
怖い光景も目にしなくて済むのでおすすめです。。
マロリンはさぞおびえてただろうって?

それが”ぜーんぜん”だったのです。

11031102.jpg
ちなみにこの写真は地震が起きる前に撮った写真です。念のため。



花火のときはブルブルふるえてとてもおびえるのですが、
今回はずっと私が抱いていたせいか
不思議なくらいもの静かでふるえてもいず、
かえって私の方が彼女にパワーをもらった感があります。
恐るべしマロリン。あなたは肝が据わっている

揺れがいったん落ち着いたのを確認して
上階に住む父ちゃんの安否を電話で確認し、
ポリ容器に水をたんまり入れ、チョコレートやポテチ、
レトルトカレー、マロリンの食料など、緊急時の食料になりそうなものや
大事なものなど思いつくままスーツケースに入れて
父ちゃんと合流し、状況を見守りました。
マンションのエレベーターはもちろん止まり、
下に下りることもできないのでじっとしているだけです。

2日ほど経った現在、私の住む地域は何事もなかったように
普段通りの生活が戻って来たような感があります。
ところがさきほど、近くのスーパーに行きましたら
普段はぎっしりと積まれている商品陳列棚が場所によってはスッカラカンになって
いて異様でした。
地震、津波の影響で商品の輸送が滞ってしまっているという表示。
改めて事の重大さを感じさせられ、心が沈みました。

それでも私たちはとりあえずは普通の生活をすることができます。

そうすることができず、今なお悪夢のような現実のなかで
悲鳴をあげる方々がなんと多いことか...。

本当に本当に一刻も早く、
被災された方々が救出され、
まずは心身に落ち着きを取り戻せますよう祈るばかりです。







見えるようになりました!

(大地震が起きる1時間前に書いた記事です)


何が見えるようになったかって?

昨今話題のスカイツリーちゃんですよん

今年のお正月に撮った写真↓には
11031101.jpg


このように跡形もなかったのですが

きのう久しぶりに探してみたら...
サンシャイン60のてっぺんから「つくし」のような塔が
ニョキニョキといつのまにか伸びていたのでありました...
11031103.jpg

11031104.jpg

ズームインするとこんな感じ。サンシャイン60のビルのてっぺんに、ほらっ、見えるでしょ?




いえね、実は昨日、1キロほど離れたところのマンションに住む友人宅にお邪魔したんです。
で、8階のその友人宅のベランダからははっきりとスカイツリーが見えて、
いいなあと思いました。
我が家のベランダからは東京タワーは見えるのですが、
スカイツリーは半ばあきらめていました。
何度探し求めたかしれません。
いつもどの辺かという見当はつくものの、
目に入るものは池袋方面の高層ビルばかり。

先日も友だちが遊びに来て、
ふたりしてスカイツリーレーダー(双眼鏡ともいう)を駆使しましたが
とうとうわからずじまい。
ビルとビルの間から少しでも細長い塔のようなものが見えると「おっ、あれか?」
と期待するも、どれも確信ゼロ

ところが、今回の友人宅訪問によって
ツリーがこの地域から見えるとしたらどのくらいのサイズで見えるのか、
という目安が感覚的にわかったおかげで
確信が持てました。
友人宅から帰宅して、「どうせ見えないだろう」と思いながらも
そっち方面に目をやると、
なんと、つくし、いや
スカイツリーが見えるではあーりませんか。

全景、とはいかないまでも、
「見える」にちがいはありません。

なんだか得をしたような気持ちになりましたわん。
あとどのくらい伸びるのかなあ...スカイツリー。。
天高く、どこまでもどこまでも伸びるといいなあ。

今後の成長を見守る楽しみができました。

11031105.jpg

アタチの成長もちゃんと見守ってよね...はいはい。。



年齢について...雑感


まだまだシャムイでしゅ~



先日、スーパーで買い物をしてレジで精算した時のこと。

レジを担当している係りの女性は20 代から30代くらいでしょうか。
明らかに他のレジの方とちがっていたことがありました。
その方はこちらの顔も見る間も惜しんで、集中力全開で商品をパッパパッパと
片付けています。
その早さたるや、実に目を見張るスピード。
早レジ打ち選手権大会があったらおそらく彼女は1、2 位を争うだろうなあ...
と半ばボーッと見とれていたら、あっという間に合計金額が出た。
我に返ってあたふたとおさいふからお金を出したら50円玉と5円玉をまちがえてしまった。
その時しみじみと思ったのです。
若いっていいなあ...って。
自分を振り返ると、脳の衰えを感じる今日この頃。。
彼女のようにもっとキビキビ、テキパキしなくっちゃ。
きゃっ、おばちゃんくさいこと書いちゃいました。
でも本当の気持ちなんだもの、しかたない。

11030701.jpg




ところで先日、父から映画無料券をもらいました。
もらったはいいけど、券には「70歳以上の方」と書いてある。
区から高齢者に特別に配られる券なのだ。
他人に譲渡してはならないとも書いてある。
はたしてこの券で私は無事に映画をただで観ることはできるだろうか。
すんなりと通してくれたらそれはそれでちょっとショックかもしれない。
かなりいい歳してはいるけれど、まだまだ70には見えないと自分では思うからね。
マスクしてメガネかけて変装して行こうか。
それならなんとかごまかせそうな気がする。
そして、なるべく目が悪そうな係のところに並ぶっきゃない。
せっかく父からもらったんだから使わなきゃ損。
でも、どうしてもだめだと売り場でことわられたらしかたがないから
正規の金額で払うよりしかたがないわね。


さて、さっきも書きましたがその券をくれた父の話。
84歳ながらけっこう女性に人気があり、
地元の老人会の女性陣からいくつかバレンタインにチョコをもらいました。
少し照れながらも、ほらっ、チョコレートもらったんだよ、よわっちゃうなあ...
と言いながらも結構うれしそうでした。
とても手の込んだ抹茶味の手作りチョコや、
ハート型のワイヤーでできたおしゃれな入れ物に
入った高級チョコまで...びっくりだこりゃ。父ちゃんすっごーい。
昨今のおばあちゃんたちは積極的だわん
そこで私が「チョコをもらったらホワイトデー(3月14日)にキャンディーか何か
お返しするのがマナーだよ」と言うと、
えっ、そんなマナーがあるのか...とつぶやいた。

ホワイトデーが近づいたので
お返し、もう用意したの?と聞いてみると
「ん?忘れてた...ぜんぜん考えてないなあ...。ったく、よけいなこと(チョコのプレゼント)してくれたもんだなあ...」とぼやいた。
「もらったチョコ、うれしそうに、おいしそうに食べていたくせに、
何言ってんだか」
と言うと、あはは、と笑ってごまかしていた...。

はたして父ちゃんはちゃんとお返しするだろうか。

それにしても、最近のシニアたちはなんだか楽しそうです ♪

11030902.jpg



プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。