スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑顔

母のアガパンサス、今日は淡い紫色の花が天に向かって伸びるように七本咲いた。
キッチンの小窓からよく見えるので、間近で見えるように母の車椅子を小窓まで寄せてあげる。
ふとこぼれる笑顔。
わたしはこの笑顔が大好きだ。

今日も母の微熱は続いてはいるが、二、三日前の容態に比べると、手足の動きもいいし、なんといっても表情が柔らかくなっている。
進行性核上性麻痺の一つの症状として、眼球の動きがきわめて悪くなるということがあげられるが、母もそのために、最近は上方の一点を凝視することが多い。
でも、時に娘がおバカなふるまいをすると(いつもか。。)、思わず母の表情がゆるむ。
毎晩、夕食の前に母の顔を熱いぬれタオルで拭いてあげるのだが、最後に彼女の鼻をふざけてキュキュッとつまんでみたり、CDの音楽のリズムに合わせて洗濯物を干したり、目の前でわたしがそそっかしさを発揮した時は、母はおかしくてたまらないらしく、よく吹き出す。
マロも母の笑顔を引き出すのに一役かっている。
たとえば、母の寝ているベッドにピョンと飛び乗っては、しっぽをちぎれんばかりに振りながら、母の顔をぺろぺろしたり、鈴を入れたソックスを、まるで猛獣になった気分なのか、ものすごい唸り声を上げながら振り回したり放り投げたり。
マロは、「生きる喜び」に満ちあふれたもう一人のおてんば娘である。
きわめつけは、わたしや父が新聞を広げて読もうとすると、必ず机に飛び乗って、新聞の上にからだを横たえてナントカ阻止しようとする姿。
こんな姿を見せられると、こっちも怒る気持ちが萎えてしまう。
でもこう見えて、マロはけっこう繊細で心やさしい一面もある。
発病当初の母がよく転んでいたとき、真っ先に彼女のもとへ飛んでいっては何事かと心配そうに見守っていたのがマロだったし、今も母が咳き込んで苦しそうにしていると、目を大きく見開き、緊張した面持ちでオロオロする。

マロも母の笑顔が一回でも多く見られるのを心に願っているにちがいない。
わたしにはわかる。






お母さまのほほえみ、宝石のようですね。私も母がごくたまに電話越しに機嫌良さような声を出すのを聞くだけで、いいことがあったみたいにその日は一日気分がはずみます。ペットの以心伝心にも驚くべきものがあります。マロちゃんは家族を癒すだけでなく、お友達を作ってきたり、まるで天使の存在ですね。早くデジカメ写真が見たいなあ。
非公開コメント

プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。