スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重たい空気

rakuda


<ん? だれ?、アタシの顔、ラクダに似てるって言ってんの>


きのうは体験入居2日め。

父は朝早くから母の施設へ行って現場監督をしていたようだ。
最初が肝心とか言って、目を光らせていたにしがいない。
12時を少しまわったところでわたしが到着すると、食堂で食べているはずの母が自室にいた。
どうしたのか父に尋ねると、食堂で全介助で食事をさせてもらう予定だったが、居合わせた他の入居者のひとりが突然大きな声を張り上げ始めたという。
それがただならぬ金切り声でサイレンのように延々と続いたものだから、父も母もたまらなくなって部屋で食事に変更してもらったそうなのだ。
ところが、待てど暮らせど食事介助のスタッフが現れず、ようやく現れたかと思ったら忙しくてすぐにその場を離れてしまった。
ちょうどわたしがタイミング良く来たので、到着するなり母の食事の介助を行うことになった。

認知症の方も入居していらっしゃるのはもちろん承知していたが、食堂ではじめての食事の時に、近くで大声でサイレンのように叫ばれたらやはりたまったもんじゃない。
しかも、入居前の説明時には、奇声を発する人は同じ棟にはいないということだったので、なおさら父も母も仰天してしまったようだ。

その件に加え、昨日時間をかけて打ち合わせたことが今日はまったく徹底されていなかったのも父の機嫌をそこねてしまったよう。
昨日と今日でスタッフの顔ぶれが変わるのは仕方ないが、主任に伝えた細かい注意点などは、やはりきちんと徹底して引き継ぎをしておいてほしい。

責任者である主任も介護長もそろってこの日は研修とやらで不在だったので、父は怒りの持って行き場もなく、いらいらのしどうしだった。
そして、不機嫌の嵐は吹き止むこともなく、一日中続いた。
「最悪の場合、入居を取りやめるしかないな..」そうまで言わせるほど父を怒らせてしまった。


で一夜明けて、今日は体験入居3日め。
わたしが朝9時頃施設に到着すると、昨日はいなかった介護長さんがすぐに飛んできて平身低頭で昨日の不手際を謝り、遅れてきた父に対しても同じように謝って食事の場所の問題等について対策をすぐに検討してくださることになった。
父は温和な反面、気に入らないことがあるとずばっと歯に衣着せぬところがある。
でも、話せば分かるところも十分にあるので、今日の介護長の態度に誠実さを感じたのか、昨日よりは少し怒りがおさまったようだ。

母はどうかというと、母なりに必死に環境に適応しようとする姿が見てとれ、かえって切なくて目頭が熱くなった。
今日は他の入居者たちと一緒に食堂で昼食を食べさせてもらっているところにわたしも同席させてもらった。
私語が禁止されているわけではないのに、食堂に居合わせた高齢者たちの間では、楽しい語らいはなかった。
聞こえてくるのは、テレビの音と配膳にともなうカチャカチャ音、ヘルパーたちの声、そして認知症の方たちの奇声やヘルパーたちに浴びせられる罵声。
予想していたこととはいえ、やはり胸がつぶれる思いでわたしはその場にいた。


部屋自体は決して暗いわけではないし、スタッフらもみな感じがよくて明るい。
なのにこの重たい空気はなんなのだろう。

2、3回深呼吸をせずにいられなかった。。。


介護施設の壁なのかな。
人手がたらないから目が気持ちが行き届かないんでしょうね。
いろんな症状の方がやっぱりいるからね。
お母様の気持ちを思うと、自分に置き換えて思うと
ごめんなさいね、どう書いていいのか
難しいです。
頑張ってらっしゃるお母様にもう少し任せてみては、しか云えませんね。ごめんなさね。

マロちゃんラクダになんて似てないよ。
失礼だね^^


v-34シュナまま様

優しい優しいシュナまま様、ありがとう。
だいじょうぶ。
慣れなきゃいけないのは、母よりも私たちなのかもしれないということに気づかされつつあります。
施設が悪いということは決してないのです。むしろいい方だと思います。
少しづつ少しづつ、いろいろなことが解決されてきていますので、だいじょうぶです。

なかなか難しいことがあるようですね。やはり体験しなければ分からないことがたくさんあるということですかね。
私は実は介護施設の食堂で食事をしたことが2度あるのですが、そのときは大きな声を出す人はいませんでしたので、「ああそうか」と思いました。むしろ私の場合はひどく静かであることに驚きました。
そういう環境にどう適応すれば良いのか、慣れの部分もあるとは思いますが、大切なお母様をお預けになるのですから、今後も細かな点にもしっかりと眼を光らせて観察してください。
たとえば、入浴はとても大切なことですから実際にどんな具合にやるのかご覧になるといいですね。
しばらくは体も心も疲れる日々でしょうが頑張ってください。


v-34HAMAのそよかぜ様

あたたかいおことば、ありがとうございます。
今日(金曜日)は入浴の日でした。
母はからだのコントロールがまったくききませんので機械浴でしたが、感想をきくと、「とても気持ちよかった」と言って満足した様子でした。
日々新たな課題が出現しますが、一つ一つみんなで知恵をしぼって取り組んでいます。
非公開コメント

プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。