スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一難去ってまた一難

kagoirimusume

<我が家のカゴ入り娘>


ハア~。母に新たな問題発生。
といっても、命がかかっていることではないのでそれほど大問題ではないが。

施設で「介せん」に感染してしまったのだ。
介せんというのは、ヒゼンダニによっておこる感染症。
 ヒゼンダニの大きさは、肉眼では見れない。疥癬虫は、人の皮膚に寄生する。
 雌成虫は、表皮を這い回っている雄と交尾をすると皮膚角質層内に潜り、疥癬トンネルを堀り進みながら1日に2~3個産卵1~2ヶ月繰り返し、卵は2週間で成熟する。

今日、介護長さんが母のからだにできたたくさんの赤いポツポツを不審に思って皮膚科での診察を勧めてくれ、検査の結果(+)と判明。

これで施設での感染者は母で3人め。
前の二人は、1ヶ月半も治らず、ずっと隔離されていたので気の毒に感じていたのだが、まさか母も感染するとは。。
どれほど厳重に管理されていても、移る時はうつるんだなあ。

これからしばらくの間、母の部屋に入ったら長袖のかっぽう着に着替え、マスクをし、部屋を出る際は消毒液で手を洗うことが義務づけられる。
母には毎日6 時間おきに飲み薬と塗り薬、シャワー、シーツ交換の作業が追加になる。

さらに、難病の病状も目に見えて進行しているので、介護長さんから今の部屋からもっとヘルパーさんたちの目の届きやすい場所に移動することを考えていただけないだろうか、と言われた。
私もかねてからそのことが気になっていたので、介護長さんの方からそのようにおっしゃってくださって内心ほっとした。
今の部屋は静かで明るくてよいのだが、廊下のはずれに近いので、ナースコールも押せなくなってしまった母にもしものことがあっても、誰も気づかない可能性もあるから。

父や私がいる時はだいじょうぶだが、四六時中いるわけではない。

明日は母の部屋から毛糸ものの衣類を引き上げてぜんぶ温湯で洗わなければならない。

あああもう、痒いの痒いのとんでいけ~!!

お久しぶり(インコの気持ち)


子供がおたふく風邪にかかったり、バタバタしていて久し振りにブログを見ました。大変そうですね!でも、とても頑張っていて感動しました。私だったら、どこまで出来るか正直自信はないです。実際、本人でないと解らない事ばかりだから、私に言えることは、本当に何も無いです。ああそうだ、先週10歳になるインコが死んでしまいました。朝は元気だったのですが、夕方子供が餌を代えようとして見付けてしまい、どん底に突き落とされたのです。仕合せそうに微笑んでいるような気がしたので、この子はきっと不幸ではなかったのだと勝手に思う事にしてしまいました。

お母様の容態

 疥癬という病気がそんなに厄介なものとは知りませんでした。一種の院内感染なのでしょうが完治するまでしばらくはたいへんですね。一日も早いご快癒を祈ります。
 

疥癬ですか?
やっかいそうですね。
最初に感染者が出た時に食い止めることはできなかったんでしょうかね~
何とか早く治癒できると良いですね。
いぬばばさん、大変だけど頑張れ~~


v-34Tomo

お久しぶり~!
そっちもいろいろ大変だったんだね。
インコちゃん、シアワセそうに微笑んでいたのは、きっと目いっぱいこの世で大切にしてもらい、とてもうれしくて最後に感謝のしるしを残して虹の橋をわたって行ったんだと思います。


v-34HAMAのそよかぜ様

心配してくださってありがとうございます。
これからしばらくは辛抱のときですが、こうなってしまったからにはガンバルしかないです。
二、三日前まではなんともなかったのに。。
内緒ですが、私は施設のシーツが怪しいんじゃないかとにらんでいるんですがね。


v-34モモママ様

施設側もとても厳重にいろいろとやっているのは知っていたのですが、どうしても100%駆除するのは不可能なのだと思います。
風にのって飛んだり、シーツ交換の時にヘルパーさんについちゃったのが飛んだりとかあるんじゃないですか。
肌がぴちぴちしている人には移らないそうなのですが、私はちょっと自信がないなあ。。。

カンジダの思い出(インコ埋葬)


上の子供が、生まれた病院で鵞口瘡(がこうそう 、乳幼児の口の粘膜にできるカンジダというカビの感染症)に院内感染してしまい、口の中と下半身の粘膜が真っ赤に腫れ上がり、完治まで何ヶ月も掛かったのを思い出しました。菌は中々しぶといもので、一つでも残っているとそこからまた増えてしまい、昼も夜も菌と戦う日々でしたね。痛みも酷くて、赤ん坊も悲鳴のような声でギャアギャア泣いておりました。辛いですね。痛いの痛いの飛んで行けー!(インコはお庭に埋葬しました、、、ぐすん)

これから暑くなるのに大変ですね。
2ヶ月あまりかかるって本人さんは辛いね。
早く治りますように。
いぬばばさんのことだから、前向きに頑張るだろうから^^
でも無理しないでね。
あの本見つけたら読んでみてください。
私のいぬばばさんのイメージなの^^v
物事をとても真摯にとらえる女性なんだよ^^

おひさしぶりです~!!
最近、パソコンに向かうと睡魔が襲い、ついついさぼり癖が。

でも元気ですよ。
疥癬ですか~!!
ムトウハップのお風呂もいいと聞いた事がありますが・・・。
ムトウハップ入りのお湯で清拭とか。
かゆいですね~。
かわいそう~!!
わきとか、早くよくなりますように。。


v-34Tomo

そういえばそんなことあったね。
覚えてるよ。
痒いのとか、痛いのって見てる方もつらい。
でもね、母は感じないのかあんまり痒いって言わないのよ。
ともあれ早く治るといいな。


v-34シュナまま様

私をいいイメージでとらえてくれているみたいでうれしいな^^;)
『月曜日の水玉模様』でしたね。
探してみます。

イメージをぶち壊さないようがんばりまっす。
いつも応援してくださって感謝感謝です!!


v-34まめぞうママ様

ホント、お久しぶり~!
怒濤のように押し寄せたお仕事にもめげずお元気なようで安心しました。
みんなまめぞうママさんの帰りを首を長くして待っていたのね。

ムトウハップってハーブの一種?
さすが元看護士さんだわ、役立つインフォ、どうもありがとう!!

いや~ん!!
いぬばばさん、ハーブだなんて~!!

六一◯ハップとは、イオウとカルシュウムを、高熱で溶かしてつくる。

草津や別府のイオウ単純温泉と同じ効能、独特の香をもつ。
夏暑いとアセモや湿疹に、冬寒いとシモヤケやアカギレに、血液循環が良くなり、からだが芯から温まり、肌がスベスベになる。
湯治薬に徹したモノづくりが、ロングセラーの秘密だろう。

「かいせん」に効くかいせん虫(ヒゼンダニ)による皮膚病に効くと、今また売れている。
第2次世界対戦後に流行し、とだえていたが1995年頃から再流行。
免疫力が低下した人に多く発病し、強いかゆみをともなうが、
若い医師が知らないこともあって、問い合せが多いという

・・・と、かかれてました。
前の病院は、予防としても、そのお風呂に入ってもらってましたよ。


v-34 まめぞうママ様

へえ~!! 知らなんだー。
そのムトウハップってどこに売ってるんだろうか。
今日さっそく施設へ行って提案してみるわ。
私も皮膚が弱いから、家でそのお風呂に入れば予防になるね。
ありがとう!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。