スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回めの危機を脱出

へそてん


ブログ更新を少しさぼりましたー。
ご心配いただいている方がおられるといけないので先に書きますが、母は今日も容態が安定しており、おだやかに眠っていました。


でも、実はまたまた危機が訪れていたのです。
ソーシャルワーカーさんに相談した翌日、母は心不全を起こして肺に水がたまり、手足がパンパンにむくんでしまった。
こりゃあ、転院どころではない。この危機を乗り越えられるかどうかもわからなかった。

が、前日にレントゲンと血液検査を受けたので早く気づいてくれたのが不幸中のさいわい。
応急手当をし、利尿剤で尿を出すように治療したおかげで今日もビックリするくらいたくさんオシッコが出てからだのむくみがだいぶ取れた。

せっかく外れていた酸素のチューブがまた鼻に入れられたが、そのおかげで血中酸素濃度も安定した。

母は2回めの危機をもこうして乗り越えた。
なんて強いんだろう!

この母のDNAを受け継いでいるわたしもきっと生命力が強いにちがいない。

フ~、それにしてもこの2,3日は電話の音にいちいちビクビクしどおしだった。

でも、もうだいじょうぶだろう。
今日、となりの個室の患者さんのモニターは警報が鳴りっぱなしだったが、母のは非常に静かだった。

さて、マロ姫のあんよの方はどうかというと、一週間ぶりに先生に診てもらったらひざの脱臼症は経過観察でだいじょうぶだが、やはり右の股関節が赤信号だという。

歳をとってから手術するより若い時にしておいた方がいいのかなあ。
また一週間後に先生に診てもらうからその時にもう少し先生と話をして考えてみよう。











う~~ん・・・大変な局面にお母様と共に立ち向かっておられるんですね・・・
まだまだ落ち着かない日々なんですね・・・
でも、いぬばばさんの言われる様に生命力があるんですよ~。いぬばばさんも間違いなく受け継いでおられると思いますっ!!
私は~・・・与えられた生を一生懸命に生きる事・・・時間では無くて質だと思ってるんですが・・・お母様にはまだその時間があって~・・・だから全うすべく必死で戦っておられるんだと・・もう一度冗談言い合ったり~・・お話をしたいと思ってるのでは~・・と思います。眠ってる様に見えるお母様に普段どおり話し掛けてみたら~・・もしかしたら何か話してくれるかも~*ココに戻って来て話しをして~って・・・約束したら・・応えてくれるかも~*"^_^"
・・・きっといぬばばさんは、そうされてるのだと思いますが・・・"^_^"

マロちゃんの事も~・・モモママさんのお友達が手術をして完璧元気に走れる様になったって教えてくれました。それも一つの手段だと思います。決めるのは保護者である私達なので~・・慎重にタイミングを計りたいところですよね。
I hope everything is running well !
Get well !!

今、状態は安定してるんですね。
がんばってるんですね。安心しました。
利尿剤の反応もあって量的に出てるなら、大丈夫ですよね。
ただ、利尿剤使用直後に血圧が下がる場合もあるので要観察ですね。
いぬばばさんも、気がぬけないと思いますが、ファイト!!一発!!~v-91v-410

マロちゃんも、頑張ってるんですね。
デリケートなんだね。
どっちにしても心配ですね・・・。

うーむ、みんな頑張っているんですね。
いぬばばさんままも、マロちゃんも、いぬばばさんも、いぬばばさんぱぱも…みんな。
最近思うのですが、たいてい1日は小さな(普通)のことを積み重ねでできていて、それを「つまんない」とか思ってしまいがちですが、その小さなこと1つ1つを楽しみながらこなしていけば(例えば洗濯1つだけでも)、毎日ルンルンなのかな?と思います。(うまく言えなくてごめんなさい。先日、家族にこのことを熱く語ったのですが、「怖い…」と言われました。笑)
マロちゃんがいて、ゴロゴロしていてなでなでしてあげるだけで、その日に意味があるというか、いい日というか…。
今はいぬばばさんに大きな大変なことが次から次へとおこっていますが、せめてその合間合間の瞬間がニコッとできればいいなあ、とコスモと祈ってます☆

いぬばばさん、大変な時ですね。
お母様の様態の安定、安心しましたが気は抜けませんね。
マロちゃんの足もどうしたらいいのでしょうね。
決定は飼い主さんなので色々な状況を考えて決断して下さいね。
全てに於いて良い結果になりますように。

お母様のこと

 お母様が心不全を起こしておられたことを伺って驚きました。発見が早かったことが幸いしましたが、本当に気が抜けませんね。
 これからは益々貴女の気配りの範囲が広がるわけですね。お母様はとても生命力の強いかたでいらっしゃるようですが、くれぐれもお大事になさってください。
 マロ姫の脱臼があまり軽く見てはいけないようで、これもまた心配ですね。
 セーラちゃんとお話をしている写真、ふたりともすごくかわいかったです。
 貴女も体に気をつけて。


v-34ロッタのおかあ様

ありがとう!!
そうね、母は与えられた生を全うしようと必死に闘っているとわたしも思います。
もう身体そのものはコントロール不能になっていても、中にいる心はちゃんと闘っているのよね。
毎日話しかけてるよ。今日はめちゃくちゃ暑いよ、とか、今日はマロがスッテンコロリンしちゃってさ、とか。。
そのマロ、普通に歩いているし、まったく異常があるとは思えないほど元気に走り回っているものだから手術してわざわざ体調を悪くするのもなんだかなあ..って思っちゃうのよね。
全身麻酔はこわいし。。


v-34 まめぞぅまま様

ふふッ、 まめぞぅままさんは元看護士さんだけあってコメントにらしさが出ていて思わず「ほう、なるほど..」って言っちゃいました。ありがとね。
ひきつづきがんばりまーす。
マロね、痛がっている様子なら迷わず手術をお願いするんだけどぜーんぜんなの。
どうしようかね。。


v-34 コスモ姉さん&コスモ様

うんうん。。わかるわかる。
そう、毎日みんながあたりまえに過ごしている何気ない一日ってものすごくシアワセに満ちた時間なんだよね。
それに気がつけば、人はもっと楽に生きられると思う。
ありがとうね。
ダイジョウブだよん。みんなが祈ってくれるから毎日元気元気。


v-34なつまま様

いつも応援ありがとう!!
最近は母の容態で一喜一憂状態が続いていますが、何よりも本人の様子に苦痛が表われていないのが私たち家族の心の大きな救いです。
マロのあんよ、どうしたらいいのかしら。。
別の病院でも言われたことがあるからセカンドオピニオンもわかってるしなあ。。
手術をするならまちがいなく設備の整った今の病院でするけれど...。


v-34HAMAのそよかぜ様

あたたかいおことば、感謝感謝です。
母は本当に生命力が強いのと、神様のご加護があるようで、難病になった当初にひっきりなしに転倒していた時も一度も骨折することがありませんでした。
切り傷、打ち身はしょっちゅうでしたけどね。
苦痛がないのが何よりです。

マロ姫はこちらがハラハラするくらい元気に走り回っています。
だから余計に手術には踏み切れません。
獣医さんが言うには、シニアになってから全身麻酔をかけて手術するのはしんどいから若いうちの方がよいかもしれないと。
どうしましょうね。
非公開コメント

プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。