スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の転院

ちびマロと一緒


<ちびマロと一緒にお留守番>


ふ~っ。
おかげさまで母の療養型病院への転院、昨日無事に終わった。

搬送や転院先に着いてからは何事もなくスムーズにいったが、出発するまでは何かとやきもきさせられた。
前日に看護士さんに頼んでおいたことが何一つ行われてなかったからだ。
直前だというのに母のからだにはいろいろな管や線がつながれ、こちらからナースコールで呼びつけてはじめて着替えをしに駆けつける始末。

おまけに寝台タクシーが母をストレッチャーに載せて行くぞといういちばんバタバタしている最中に転院先の病院に提出する書類を渡される。
早めに来て退院時の精算等をし終えていたからよかったものの、あたふたしている段階でそんな大事な書類を渡すなー!、っと叫びたい気持ちをぐっとこらえた。

もひとつおまけに文句を書かせてもらうと、退院証明書が準備できていなかった。
んもう、どうなってんの、N病院。。

ま、愚痴や不満はきりがないのでこの辺にしておこう。

予定よりも早めに転院先であるO病院について手続きを済ませ、まずはレントゲンやら血液検査等の身体検査が行われた。
そして新たな落ち着き先である3階の3人部屋へ。
決して新しいとは言えないが清潔な場所だ。
ピンク色のカーテン、壁にかけられてある赤い縁取りのディズニー時計に心がなごむ。
母のベッドは窓際で、左端。右端にはベッドがなく、大きめのテーブルが置かれてある。
窓の外をのぞくと、近隣の家々の屋根瓦の向こうに新宿副都心の高層ビル群が目に入る。
近くに目を落とすと、隣の家の瓦屋根でひなたぼっこする白い猫ちゃんの姿に気持ちが癒された。

一息ついたところでわたしと父は院長先生に呼ばれ、母のレントゲンや血液検査等の結果について詳しく説明を受けた。栄養状態がどうとか尿の成分に白血球やばい菌が多すぎるとか、もちろん慢性的な呼吸不全のこと等、山積みの問題が指摘された。
前の病院でこんなに詳しく説明を受けたことはなかった。
医療的な処置よりも生活の質に重点を置くという病院の方針なので、こんなに詳しい説明や今後の対処のしかたの説明を受けるのは予想外でビックリ。

医療中心のはずのN病院よりよっぽど考えてくれているではないか。
今度のF先生は目を見てこちらの気持ちを考えながらことばを選んできちんと優しく説明してくれるところにも感激した。
いきなり強いことばで家族の血圧を急上昇させるようなどこかの先生とは大違い。。

母の部屋に戻ってお昼のお弁当を食べながら父とふたりで「心配したけど、転院してよかったね」としみじみ話していると、突然看護士長さんが血相を変えてとんできた。
「お母さんの皮膚疾患、介せんです。検査した結果介せんだとわかりました」
あっちゃ~!! 思わずおはしで持ち上げたおべんとうの鳥の立田揚げが落っこちた。
父と顔を見合せた。
ど、どうしよう。。せっかく転院したのにつまみ出されたら。。。

信じられないことだが、N病院では、こちらが気がついて指摘したにもかかわらず、検査一つせずにただのアレルギーとしてそのまま放置されていたのだ。

施設にいた時に二ヶ月あまり隔離された悪夢がよみがえってきた。

少しして再び先生が現れ、今後の方針として、海外で介せんによく使用されて効果があるという飲み薬と塗り薬を一週間試すことを告げられた。
ダイジョウブ、部屋を移る必要はないが、介護の際には手袋とエプロンを使わせてくださいねということも言われた。
隔離の「か」の字もなければ迷惑そうな表情一つなし。

ほっとした。

まだ転院初日だというのに、院長先生、看護士長さん、スタッフの皆さんの態度やことばに「思いやり」が感じられる。

今までの所があまりにもあたたかみのない所だったから私たちが敏感なだけなのだろうか。
N病院では、三度も危険な状態を乗り越えても一度も先生から「よかったですね」という暖かなことば一つかけられなかった。
それどころか、先生と会えたのは母が急変した時だけだったのだ。


思いやり...しばらく忘れかけていたものをこの病院では思い出させてもらえる、そんな予感がした。


マ~ロ~ちゃ~ん!お久しぶり!!v-300
絵も増えたし、病院の方も展開があったね~!うーん、月日の流れを感じるわ。
久しぶりにマロちゃんのブログに来たら、マロちゃんとちびマロちゃんの写真を見て癒されたよ~v-347


お疲れ様でした・・・<(_ _)>
はぁ~~~っ。・・・でも、転院してよかったぁ~~って、本当に心から思えますね。
まだまだ捨てたもんじゃないっ!どんな世界にも対極があるんですね~。こんな心温かい先生も居て~・・・その下で働くスタッフはやっぱり心の温かい人たちで~・・・良かったですね~。
先生が、真剣に患者側に立って病気に向き合って考えてくれると~・・・治療方法も当然違って来て~・・・疥癬だって、そんなに怖がらなくても~って。・・・コレって~・・・すごいですよね~。確かに大変な症状でも先生がこんな毅然とした態度で、的確に対応してくれたら・・・それだけで、家族にとってはどんなに心強い事か・・・随分とストレスが軽減されますよね。これが本来の医療の形であって欲しいですよね。

良かったですっ!一先ずは~、安心出来ますね。前の病院の怠慢には呆れちゃいますが・・・とっても疲れちゃいましたが・・・終わりよければ全て良しっつ~ぅ事で!(^^ゞ

マロちゃん、まるっとちびっこのオネムのお目目になってますね~・・"^_^"
カワイイ~~~~ですよぉ~~~*いつもチビマロちゃんと一緒なのぉ~~~。クマちゃんも居ますよね~・・?コレって~・・プリントじゃないですよね~・・?

ボクの母の状況が、よみがえり……

息を呑み、肩に力を入れながら
拝読いたしました。

 転院先が、良い所で良かったですね。

 出会い……、新旧ともに
いろんな場面が用意されたのですものね。
そしてそれが、喜怒哀楽を生み……。
 

 お母様が、快適に過ごされる事が、
何よりですものね。
それを優先して下さる環境が、
本当にありがたいですネ!

まずは、ご苦労様でした。
なんだか、段取り悪い最後でしたね。
もう!ってイライラしますよね。

やっぱり、先生が、ちゃんと目を見てお話してくれるのが一番。
家族は、いろんな心配や、不安でいっぱいですもんね。
これから、またぼちぼち、がんばってくださいね。
そうそう!マロちゃんにまめぞぅがお話があるんですって!!

マロちゃん、お留守番ご苦労様。
ぼくちん、マロちゃんに謝らなければならないんでチュ。
あのね、あのね、ぼくちん唇を奪われたんでチュ。
でも、むりやりなんだ!!
それだけはわかってね!!


v-34コスモたん&コスモ姉さん

お久しぶり!
いろいろと忙しかったみたいね。
こちらも母のことでジェットコースターライドでした。
でも、母の容態も今のところ安定がつづいているし、今度の病院は良さそうなのでとりあえずはほっとしています。
コスモたーん、マロがお互い留守番多いけどがんばろうって言ってます^^;)


v-34ロッタのおかあ様

ほんと、前の病院の対応には最後まであきれちゃった。
改築したばかりだし最新鋭の機械とかを取り揃えてはいるけど、かんじんの「心」という部分が置き去りにされているような気がしてなりませんでした。
病院さがしは見かけや設備で決めちゃいけないってことがよくわかりました。

マロのお気に入りのちびマロ、かわいいでしょ。そっくりなのよん。
うしろにいるのはクマじゃなくてタヌキだよん。ポンキチっていうの。
秋深しだというのに青い浮き輪を抱えてい
まーす。


v-34デザート・ムーン様

そういえばデザート・ムーンさまもお母様の病院の受け入れに関して大変な思いをされたのでしたね。
今度のところは、母に残された時間を患者としてというよりも一人の人間としてなるべく普通に、なるべく苦痛なく快適に過ごさせてもらえるところ。
きっと母も喜んでいると思います。


v-34まめぞぅママさま

え、え~ッ、まめちゃん唇を無理矢理うばわれちゃったの~、って思ってすぐにマロともどもブログの方へおジャマしてきました。
マロ、ショック。
あんなかわいいレディーにはどうにも勝てっこないわってしょげてます^^:

まずはひと安心

お母様の転院が無事に終わって、しかも転院先の病院がとても感じの良い病院らしくて、まずは一安心ですね。
 それにしても最後の最後まで前の病院のやりかたはひどかったですね。患者が病院を選ぶことには大きな困難と限界があって、前以てどんな病院かがわからずに入院するのが普通ですから、ほんとうに困ったことです。
 これまでよりも病院はお宅から遠くなったのでしょう?どうかくれぐれも無理をなさらないように。
 15日に国立新美術館でフェルメールの有名な「牛乳を注ぐ女」を中心にした17世紀オランダの絵画展を見ました。すばらしい秋の半日でした。
 気温がぐっと下がってきました。風邪に気をつけましょう。


v-34HAMAのそよかぜ様

急変するのではと大変心配でしたが、無事に転院が済み、ほっと胸をなでおろしています。
今はつくづく転院を強行してよかったと思えます。さまざまな部分での細かい配慮がとてもありがたく、父の顔にも二ヶ月ぶりに安堵の色が戻ってきました。
この平和ができるだけ長く続きますように祈るばかりです。

いろいろアクシデントはあったようですが、とにかく無事転院できてよかったですね。
私も母が入院している時、その病院や医師の心の無さに腹が立ちました。
こころの面を重視していぬばばさんが選ばれたこの療養型病院への転院は正解だったのではないかという気がします。
どんな世界でも金儲けだけじゃなく「思いやり」が大切ですよね。

ダブルマロちゃんはネンネで留守番ご苦労様あ~


v-34モモママ様

ホーント、N病院の連中に対する文句を挙げたらきりがないですわ。
もっと早くに縁を切ればよかった。
弱っている患者やその家族にいちばん必要なものが欠けていたような気がします。
選べる状況にあるのなら、やはり病院選びは口コミ情報を求める等、自分でとことんリサーチしなくてはだめだということですね。
非公開コメント

プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。