スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

研究に期待大

朝起きてみると、またまたうんざりするような雨模様。
いつになったらスカッと晴れわたる青空が拝めることやら。


それでも、今日は期待に心躍るような新聞記事が2つ見つかった。

一つ目は、日本経済新聞の朝刊に掲載されていたもの。
「アルツハイマー進行防止ーーー奈良先端大が化合物を開発」という小さな記事だが、多くの人の注意を喚起したにちがいない。

パーキンソン病やアルツハイマー病などででは、特殊なたんぱく質同士がくっついて神経細胞が死滅に追い込まれるそうだが、くっつくのを妨害する「TNFRP」という人工たんぱく質が開発された、という内容である。
現在は、まだネズミを使っての実験(身体の左右両側の動きのバランスが改善)で効果が証明された段階だが、今後、失われた神経細胞を補充する治療法と組み合わせて臨床応用をはかれば、病状の進行にストップがかかるかもしれない。
どうか、多くの人々をいろいろな意味での喪失から救う突破口となりますように。



もう一つの記事は、朝日新聞の朝刊に掲載されていたもの。
「コショウかげば飲み込みよし? 『食物が誤って肺に』予防期待」というタイトルだ。

え~っ、コショウのにおいを嗅いだらしゃみが止まらなくなるじゃないの、って一瞬思ったが、そんなことより、何百倍も何千倍も大切な結果がもたらされるという。。
どうやら、宮城県内の老人保健施設に入所している高齢の男女多数名を対象に、黒コショウのにおいのする精油を食事前に嗅いでもらい、嚥下反射が起きるまでの時間を調べた結果、嚥下の大幅な改善が認められたらしい。
東北大の研究チームによると、黒コショウの強いにおいが脳に刺激となって嚥下反射に深くかかわる物質を増やしたのではないかということだ。
だから、うちの母みたいに、飲み込む機能が衰えている人には朗報だ。

黒コショウのにおいが、お年寄りの誤嚥による肺炎を予防する効果があると実証されれば、これもまた多くの人々を命にかかわる深刻な問題から救うことになる。
研究が超特急なみの速度で進んで、「おたすけペッパー」なるものが薬局で買える日がそう遠くないことを祈るばかりである。


はにかみ

かつて「液体こしょう」というものをいただいたことがあります。どこのメーカーだったか忘れてしまったけど、見つけたら、いぬばばさんにお届けしますね。
研究は日進月歩。いろいろ試してください。がんばってね。

Skye Loveさま

ヘえ~!液体コショウですか?
それはいいかもしれませんね。
それでチラッと考えたのですが、ラー油の匂いやタバスコの匂いでもいけるかも。
インスピレーション、ありがとうございます!
非公開コメント

プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。