スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちひろ美術館

かねてから行こうと思っていた「ちひろ美術館」へ行ってきました���z2

DSCF0918.jpg



いつか行くだろうと思いながらなかなか足を運ばなかった所です。
場所が近いと、かえってそうなってしまうものですね。
練馬区にあるこの「ちひろ美術館」は、かのいわさきちひろさんが50代半ばで亡くなるまでの20年を過ごし、数々の作品を生み出した自宅跡にあります。

作品展示室のほか、復元されたアトリエやたくさんの絵本や童話を手にして読める図書室、彼女が愛したお庭、カフェなどがあり、とても心やすらぐすてきな美術館です。

DSCF0919.jpg

こちらはこもれびの当たるカフェ。館内に入ってすぐに香しいコーヒーの香りがしていました。


DSCF0920.jpg

ちひろさんのお庭もステキでした。



施設そのものはモダンでありながら自然のなかの癒しの空間といったところですが、
復元されたアトリエは言うまでもなく昭和の香りが漂い、ちひろさんがその家でくらし、仕事をしていた頃の空気感が肌で感じられました。
おしゃれさんだった彼女が好んで着てらしたワンピースまで展示されています���邤��


淡い色使いとやわらかな線、独特のにじみ感で描かれた子どもや花の絵。
そのどれをとってもどこか哀愁を漂わせながらも命の力強さや躍動感を感じさせてくれます。
また多くの作品に反戦の思い、平和への願いがこめられています。
これは彼女が少女時代に味わった戦争体験からきていたのですね。
私はちひろさんの絵はこれまでなんども目にして知ってはいたのですが、彼女自身の生きた軌跡はまったくといっていいほど知りませんでした。

彼女のことに少し興味が湧いたので関連本を数冊買ってしまいましたよ^^;

プレゼント



なかでも「ラブレター」という本が、彼女のことばそのままの日記なので、人となりを知る手がかりとしてとりわけ興味深いものでした。

元衆議院議員松本善明氏とのかけがえのない愛のこと。(ちひろさんってとっても情熱的な女性だったんですねheart)
ヨーロッパの旅のこと。
戦争のこと。
愛犬チロのこと。
息子さんのこと。

昭和を一生懸命に生き抜いたひとりの女性の等身大の素顔が見えてきて、とてもひきこまれました。
今回、この美術館を訪れることで新たに知ったことがたくさんあってよかったと思います。

長野県安曇野にもちひろ美術館があるそうで、こちらの方にも感動覚めやらぬうちに行きたいなあ。



で...
マロリン姫はというと...

このとおり、ヘソ天葉っぱっぴーでお留守番でございやした。

DSCF0915.jpg


チャン チャン♪


No title

きゃ~!
ちひろ美術館へ行かれたんですね~
私、いわさきちひろ大好きなんですよ~
あの優しげな絵からは想像できないくらい情熱家だったんですよね。
私も随分前ですが、ちひろ関する本を読んだことがあります。
ちひろのカレンダーやTシャツやトレーナーなども買っていました。
東京に行った時にちひろ美術館に一度行ってみたいと思っていたんですよ。
こんな素敵なカフェもあるんですね~いいな、いいな~行きたい~!

あら~、マロリンったら~お姫様なのにあられもない格好で~(@@)
うちのモモ姫はあまりへそ天しないんですよ~
でもこんな格好で寝ていると思わず写真撮りたくなっちゃいますよね^^

No title

マロリンママ、お久しぶりです★
ちひろさんは、私の母も大好きで、
今でもカレンダーは毎年ちひろさんの作品です。
作品集や絵本も家にあった記憶はあるのですが、
手に取ることがなかったので、
今度実家に帰ったら見てみようと思います。
ちひろさんファンは本当に多いですよね~。

モモママ様

はいe-68行ってきました!
みどりに囲まれてとっても心やすらぐ美術館でした。
モモママさんちひろさんの絵がお好きなんですね~!
今度東京へいらっしゃった時、一緒に行きましょうか。
ミュージアムショップにはありとあらゆるちひろグッズが売られていて
モモママさんなら「全部くださーい」なことになっちゃうかも。。

へへへ。マロリンのあられもない姿、撮っちゃいました。
窓から入る風に心地良さそうに...なーんにも心配なんかないって感じの開けっぴろげな姿がとてもほほえましくて。。
そうでしたね、モモちゃんヘソ天しないんでしたね。
普通のおしとやかな女の子はあまりしませんもんね~。

コスモ姉さん様

お久しぶりでーす♪
ちひろさんのファンは子どもから大人まで幅広くいらっしゃいますね~。
今回、この美術館訪問によってちひろさんという一人の女性としての生き方にふれることができて感動しましたし、彼女の絵の見方がこれまでと変わるような気がします。
彼女の絵は、細部まで描きすぎないのに表情豊かだったり、奥深い物語を秘めているところが好きです。
安曇野のちひろ美術館姉妹館もすっごく行きたくなりました。

No title

カフェがまた素敵ですね~。
マロリンママさんはとーっても知的な方なのですね。
こういった美術館によく足を運んでますよねv-410
美術館って興味はあっても
何となく敷居が高いイメージv-356
行ってしまえばそんなこともないのでしょうが・・・

No title

こんばんは~

ちひろ美術館素敵な場所ですね!
凄いマロリンママさんに合っていますね~
なんかマロリンママさんが絵や本を見ている所想像しちゃった(#^.^#)
いわさきちひろさん有名ですよね~美術館が有るなんんて知りませんでした(゜o゜)

あれ~マロリンちゃんそんな恰好駄目よ~(笑)

はろぎる様

カフェ、すっごくゆーったりと時間が流れる素敵な空間でしたよ~。
きゃーっ、知的の「ち」の字もないよ~ハズカシー。。
でも、美術館めぐりは好きでけっこう足を運びます。
あれ、あまり記事にしないのによく知ってるね~。
今月だけでも他にメアリーブレア展、熊田ちかぼ展、世界の絵本原画展へ行きました^^;。。
自分でもちょこちょこ描くのが好きなので、インスピレーションを受けに行くんです。

かざふ様

おはようございまーす!

私に合ってますか~i-239ありがと~!!とっても心地良いところでしたよ~。
へへ。一日中いても飽きないですね。
この美術館は私の地元にあるのです。
安曇野にも姉妹館があって、これまたすごくすてきなのでそのうち行くつもりです。

おっと、殿方にはちょっと刺激的なマロリンのグラビア写真でしたi-237
失礼をば!

ボクも若い頃に、たずねていきました!

 その頃は、混みあった住宅地の中でした。
(今は、どんな感じになったのでしょうか?)

 コメに、感謝いたします。
(なんとか、復活することが出来そうです。)

デザート・ムーン様

そうですか、ちひろ美術館へ行かれたことがあるのですね。
今も住宅街のなかですが、美術館の敷地内はとてもみどり豊かでお庭も整備されていて
とても癒される空間でした。

大変でしたね。
心が少しずつ癒えますように...。
非公開コメント

プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。