スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り道

DSCF1076.jpg

ママリン忙しそうでつまんないよ~


久しぶりの更新になってしまいました ^^;。。
少しばかり忙しくしています。

でも今日は安曇野へ行った時のちょっとうれしかったことについて書きたいと思います。
早く書かないと忘れちゃうし... 。
いや、忘れないかな。


森のなかにひっそりとたたずむ隠れ家的な素敵な山小屋風カフェ(の看板 ^^;)。

marorin


町から遠く離れているにもかかわらず、その店内はたくさんのお客でにぎわっていました。
ウッディーな香りとコーヒーの香り、心地よく聞こえてくる音楽、吹き抜けの開放的な空間、すべてに細かいこだわりが感じられます。
平日だというのにほとんどの席はうまっていて、空いているのは
小さなカウンターだけでした。
そしてそこもコーヒーの入った大きなびんがいくつも上に置かれていて
お店の方はすみません、と言いながらそれらを大急ぎでをカウンターの隅においやってようやく私は席に落ち着きました。
でも、そこは結果的に、店内でいちばん贅沢な場所でした。

まっすぐ見るとマスターの小さな厨房であるカウンター内側の様子が
自然と目に飛び込んで来ます。
まん前には大きなやかんから立ち上る湯気の心地よいミスト。
そこは森の賢者といった風貌のマスターのこだわりの異空間のようでした。
おいしいコーヒーのために必要な小道具や大びん小びんがずらりと並んでいます。
コーヒー豆も40種類くらいはありそうです。
「何になさいますか」とたずねられ、
私はメニューのなかから軽めのオーガニックコーヒーを注文しました。
コーヒー好きの私ですが、豆の種類はそれほど詳しくないので
選んだものはなんとなくフィーリングで...。

そして、立ちのぼる湯気の向こう、森の賢者のようなマスター(店主)が
静かにコポコポとコーヒーを入れています。
こういう時、黙っているのもなんとなく気恥ずかしいものです。

DSCF1064.jpg

何か質問しなくては、と咄嗟に思い、カフェからそう遠くはないはずの
美術館「森のおうち」までの距離について聞くことにしました。
深くは考えずに出た問いかけです。
おそらく、「はい、けっこう近いですよ」とか、「そうですね、ここから歩いて
10分くらいかな」といった答えが返ってくるにちがいないと思ってました。

ところが、忙しそうな、寡黙なマスターは、
コーヒーを入れる手を動かし続けながらも、
ちゃんと私の質問を真摯に受け止めてくれたのです。
「そうですね。ここからとても簡単にたどりつける方法があります。でも、それではつまらないので、森のなかを通っていくおもしろい行き方をお教えしましょう...」

小さなことだけど、私は感激しました。

時間がいくらあっても足りない現代人...、人は回り道をすることの楽しさ、よろこびを忘れてしまい、とかくできるだけ早く目的地に着かなければ、と思いがちです。
目的地に直行していたら見逃すだろう楽しみ、驚きがあることをこの心優しい
マスターは思い出させてくれました。

それに、ご自分の忙しい合間をぬってマスターは背中を丸めて
シャシャッととてもわかりやすい地図を描いてくださいました。
うれしかったです。

これがその森の抜け道案内図。

DSCF1056.jpg


森の住人でなければ知り得ない情報ですね ^^ 。

迷子になった時はカフェに電話をすれば車でお迎えに行きますから、とまで
言ってくださり、またまた感激です ^^ 。

私はマスターの地図をたよりに人っこ一人いない森のなかを、
森林の息吹を五感で感じ取りながらてくてくと歩いて
他人の2 倍、道中を楽しむことができました。

mattari



無事に「森のおうち」にたどりつけたのは言うまでもありません。



「Cafe 書翰集」の心優しいマスター、どうもありがとうございました。

こんばんは!!
題名からしていいなって思ってたんです。
何かしらってね。
そしたら、素敵な回り道だったのですね。
忙しく働きながらもちゃんとお客様の気持ち考えて教えてくれるとっても嬉しいものです。
それも誰もが知らない場所に行くって言うのは、何か子供のころによく探検しませんでした?(あっおてんば゜な私だけかな)
そんな感じですよね。
解らない道になってもなぜかワクワクして帰れるかなーって思いながらどんどん行っちゃう
そんな私でした。
でもちゃんと家にはついたしね。
マロリンママさんの文章がうまくって読んでいてほんとワクワクしちゃいました。
私も行きたくなりました。すぐ行けば行けるところ私も回り道ずーと人生でしたきたからね。

本当に素敵な時間を過ごされたのですね。
どうもここらで生活をしていると
そそくさとした感じが物凄くしていて
自分もついつい心に余裕をなくしてしまいます。

読んでいるだけで
時間がゆったりと流れた感じがしましたv-410

マスター凄いいい方ですね~
こういうお話も素敵です
回り道人生もそうだけど必要な時ってありますよね~
得した気分になりますよね♪
とっても木漏れ日が素敵な森です!
良い気を貰えたみたいですね♪
もっとゆっくりした時間で生活しないと行けないですね~(*^_^*)

Loveママ様

カフェのマスター、忙しさをまったく外に表さず、
きちんと対応してくれて、
大人だなあって感じました。
知らない場所をテクテク歩くのってちょっとした探検気分で
とっても楽しいですよね。
こういう森のなかはもちろん、都会の小さな街角をプラプラして
隠れたかわいいお店に出くわすのも楽しいです^^ 。
Loveママさんはかわいいおてんばさんだったんですね。
かく言う私も実は好奇心旺盛であちこち歩きました。

はろぎる様

私は心に余裕がなくなると、人のことを十分に思いやれなくなって
あとですっごく後悔します。ぜんぜん大人じゃないなあってね。
だからこのカフェのマスターのような大人に出くわすと
ハッとします。

ハイ、この日は駅のホームを降りた瞬間から
別世界に足を踏み入れた感がしました。

かざふ様

そう、マスターとてもいい方でしたよ~。
寡黙なんだけど誠実でやさしい雰囲気が伝わってきます。
回り道って時間的にも精神的にも余裕がなければできないけど
一回してみると「なあんだ、いつも何をあせってるんだろう...あせる必要ないじゃん」って
思えるから不思議。
はい、良い気をいただきました。
これからもスローライフを心がけようと思います。(これ以上スローになってどうするっていう友人の声も聞こえますが...v-15)

うんうん、素敵なお話ですね~
カフェだけでなく、素敵なマスターにも出会えて・・・
何だかコーヒーの香りがここまで漂ってきそうな気がします。
でも森に熊さんは出なかったようで良かった~笑
マロリンママさんの足音の響きがとっても心地よいです^^
私もこんな回り道ならしてみたいな♪

モモママ様

目の前でコポコポと入れてくださったコーヒーは
格別な美味しさでしたよ~!
実はケーキセットにしたので自家製の洋梨のタルトも
ついていました。
味は言うまでもございません^^;。。
森のクマさんには残念ながら出会えませんでしたね~。
森の置く深くになんとか教の施設がありました。
あはは、私の足音、デジカメを覗きながら歩いていたので
ヨタヨタしています~^^。
非公開コメント

プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。