スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不愉快な告白

だいぶ下火になっただろうか、それともまだ大きな波紋を広げているのだろうか。

飼いネコ三匹(みな雌)が産む子ネコを崖から放り投げて殺している作家の告白の件。
そう、直木賞作家 坂東眞砂子さん(タヒチ在住)が日本経済新聞に寄稿したエッセーのことである。

彼女の話によると、対人関係が苦手で、愛情が自分の中から尽きてしまうのを防ぐためにネコを飼っている、という。
ま、それはまったくわからない話ではない。
彼女はきっと、人間とうまくつきあうのが難しいぶん、ネコに"彼女なりの"しかたで無条件に愛情を注げるのだろう。
問題は、そのネコたちが子を産むと、成長してまた子を産んでどんどんふえて手がつけられない状態になるからといって、避妊手術を施す代わりに、産まれた子ネコを"彼女なりの"方法で始末している点である。
しかも日常的に行っているそうだ。

避妊手術は、動物の生殖器官、つまり生命力、生きる意欲を断つことを意味する行為だから、彼女はどうしてもふみきれない、という。
高等生物(人間)が、下等生物(ネコ)の性をコントロールするのはいかがなものか、と思っているらしい。

でも、彼女のやっている行為は、「性」ではなく、「生」そのものをコントロールする、もっと残酷な行為である。
人間はえてして自分たちの生活の向上や都合のために動物の命をコントロールする残酷きわまりない種属だ。
それは認めざるをえない。

でも、良識を持つ人間なら、動物の命をコントロールせねばならない止むなき事情があるならば、せめて動物の苦痛、あるいは殺傷を最小限にとどめる方法を考えてほしい。

坂東さんも、感覚が麻痺する前にもう一度よく考えるべきだと思う。
避妊手術をすべきか、生まれるたびに、命を「モノ」のように放り投げて息の根を止めるべきか。

少なくとも、ネコたちに申し訳ない気持ちが多少でもあるのなら、タヒチでネコ塚でも作って、もの静かに供養をする奥ゆかしさを持ってほしい。
懺悔のつもりだったのかもしれないが、あんなセンセーショナルな形で告白すること自体、不愉快でたまらない。

「人間の傲慢」を問題提起するつもりで新聞寄稿という形を選んだのかもしれないが、作家なら、もっとデリカシーを持ってほしいと思うのは私だけだろうか。


ネコたちの祟りを軽んじてはならないぞよ、坂東さん。

yellow hana

非公開コメント

プロフィール

マロリンママ(ママリン)

Author:マロリンママ(ママリン)
赤やピンクやフリフリがとっても似合うキュートな愛娘マロリン(シーズー♀
1月12日生まれ8歳)。
でも意外とタフでやるときゃやるぞ的な性格。
ヤワなママとは大違い。。
そんな彼女との備忘録をゆるゆるとつづっています。

カテゴリー
いつでも里親募集中
ホリスティックケア
リンク先:GREEN DOGトップページ
最近のコメント
最近の記事
HOMEPAGE
マロリンママ(HP) ***FLASHアニメもここ
girlspower
ブログランキング『Girls Power』
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
ブログ内検索
月別アーカイブ
RSSフィード
お知らせ
GREEN DOG【シニア犬の健康特集】

犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。